雌奴隷『藍』

S様に多頭飼いされている雌奴隷達の調教奴隷日誌/Twitter→‪@sobadouhu

デパH1月−藍。

 

藍です。

 

f:id:sobasyouchu:20180114105031j:image

 

新年初のデパートメントHにお邪魔してまいりました。

一ヶ月をご主人様のもとで奴隷として過ごさせて頂けた節目として、大切な定期イベントになっております。
藍は今回で5回目の参加。有り難い事に顔なじみとして受け入れてくださる方も多くなりました。

今回はちょっとしたフェチズムを加えてサイハイ丈のレザーブーツで菖とお揃い♡
去年末のぎゅうぎゅうな会場とは変わり、新年を喜ばしく迎えるに相応しい丁度良い賑わい具合と紅白やお戌様達の目出度い衣装を身に纏った方々が目立ちます。


f:id:sobasyouchu:20180114105102j:image


いつもご利用させて頂くシーシャブースに藍の奴隷候補の方がちょこんと座って藍をまっていくてくれました。
『席を確保してくれて有難う…♡今年も宜しくね。正式な奴隷に慣れる様に頑張りましょうね』と囁きながらレザーブーツのピンヒール部分で彼の太ももをガリッと愛撫してあげました。(おそらく猛烈に痛かったであろう)

その頃ステージではオープニングのドラァグクイーン様達のご紹介。
皆様年始ということもあり、それぞれのお身体とご衣装で日本の新春を表現されていました。素敵でした〜。これを見に来たといっても過言では無い程、良い年の始まりに相応しいステージでした。
ふと隣をみると、ステージを見ながら宝石の様にキラキラと目を輝かしている菖がいました。数ヶ月前までこんな表情を菖からみたことが無い藍にとって、とても愛おしく感じました。

…途中ご主人様が用事で席を立たれました。その間、藍は奴隷候補の方と戯れていたり、ご主人様の知り合いの方とお話をして楽しんでいました。菖の方をみると、じっと人形の様に魂が抜けていてご主人様の帰りを待っている様でした。藍はその姿を綺麗だと思いました。それはある意味の藍の奴隷としての理想形ではありますが、奴隷それぞれの役割があって藍はきっとこういう多方面での活躍がご主人様から許されていることから今のままで良いのだと思いました。(後日確認したら、藍の社交性の良さは生かそうという考えなのでそのままで良いとお許しを頂きました)

しばらくしご主人様が席へお戻りになった時の菖の表情が可愛くて…。
奴隷候補の方を椅子にしながら藍はその少女の様な笑顔を純粋に守って行きたいなとおもいました。
(ちなみに奴隷候補さんのお椅子は座り心地…70点でした。もうすこし良くなれる!がんばれ!期待してますよ。)

その後、私達雌奴隷をつれてご主人様がリードを引っ張り会場内をお散歩させてくださいました。

☆今回すこし悲しかったのが盗撮が多かったことです。☆
面倒くさい、怖い…と感じる方もいるかもしれませんが、どうか一つお声がけ下さい。ご主人様自身は撮影NGですが、私達雌奴隷は『見せ物』故、ご主人様の許可さえおりればほぼ撮影はお受け致します。どうぞ宜しくお願いします。

そのまま下のメインフロアまでお散歩し、ステージを間近で楽しみました。
途中ご主人様に抱き寄せられ、腹部を温かく大きな手で触られ、耳元でそっと『イきなさい。』と囁かれました。周囲の目が藍達にむけられていましたが、そのままイってしまい、その後ご主人様の身体に藍がもたれかかってしまう程でした。
先ほどまで鮮明に見えていたフロアが、藍の目にはキラキラとぼやけて見える程でした。たったこれだけでご主人様はいかなる場所でも、ご主人様の世界をすぐさまお作りになられて私達を魅了してしまうのです。

その後元の席にもどり、奴隷候補の方にまたデパHで楽しみましょうね。とお約束をし、会場を後にしました。

帰りの車内で藍はまだ下半身の疼きが止まりませんでした。会場では凛として居る様に心がけているのですが、やはり車内という落ち着く空間にもどるとただの雌犬になってしまうのです。
様々な顔、様々な交流を許されている藍だからこそ、もっとご主人様の為になるような活躍をしなければと思いました。

 

f:id:sobasyouchu:20180114105150j:image
 

応援ポチッ。お願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村